複数のファイルをまとめて児童生徒と共有!Googleドライブの共有機能


概要

例えば、スライドやジャムボードなどで、「この中から写真を選んで、その日の活動記録を書く」という場合。先生がたくさんとった写真。それを児童生徒がすぐに選んで使えるようにするには、Googleドライブのフォルダを丸ごと共有するのが、手っ取り早いでしょう。

Q:デジカメやスマホで撮った写真を、児童が見られる(使える)ようにしたいです。

AGoogleドライブにアップロードし、フォルダのリンクを『共有』すると、使えます。

 ①カメラやスマホから、Windowsのノートパソコンにデータを移す。

USBケーブルで、ドラッグ&ドロップを想定しています。
しかし、最近はUSBに制限をかけているパソコンもあるので、その場合はスマホにGoogleドライブのアプリをインストールして..ですね。

②Googleドライブを開き、「+新規」から、フォルダを作成。

  

Classroom」フォルダがあれば、→〇年〇組 内に作った方が、共有したくないファイルとの混在を防げるでしょう。

↑ここでつけたフォルダの名前が、そのまま共有されます。

④作成したフォルダの中に、写真をドラッグして追加。

⑤フォルダ名の横▼をクリック→「リンクの取得」をクリック。

⑥リンクをコピー→完了

あとは、このリンクを知らせればOK!
クラスルームで知らせる想定で、続きを書きます。


⑦クラスルームを開き、「授業」から「資料」を作成。

「ストリーム」に直接知らせても良いですが、後に残る「授業」でのお知らせをオススメします。

授業→作成→資料

⑧追加→リンク→貼り付け(キーボードのCtrlとV)→リンクの追加

⑨タイトルを入力し、右上の「投稿」をタップ。

これで共有が完了しました!

児童生徒からは、どのように見える..?

例えば、写真が複数枚入ったフォルダを共有した場合です。

ジャムボードやスライドを開き、タップ→Googleドライブ→共有アイテム を開くと、共有したフォルダから画像を選ぶことができます!


MM
以上、Googleドライブのフォルダ共有機能、でした。職場や学校での啓発に役立てたい方は、ファイルをどうぞ。

“複数のファイルを共有(word形式)” をダウンロード 06share.docx – 8 回のダウンロード – 366 KB

“複数のファイルを共有(PDF形式)” をダウンロード 06share.pdf – 11 回のダウンロード – 368 KB



  • この記事を書いた人

MM-Teacher

学校勤務10年目。退職・転職も経験あり。 パソコン整備士3級・ICT支援員認定証持ち。関西在住。 気軽にTwitterフォローどうぞ!