【オンライン授業】Google meetで朝の会や健康観察をやってみよう!【マニュアルあり】


ポイント

ここでは、オンライン授業の一環として、主に短時間での健康観察・朝の会をmeetで行うことを想定しています。自分でmeetの部屋に入る→先生を見つけて画面を固定する→挙手などで反応する→退出する という流れができるように資料を作りました。

Q:meetを使ってオンライン授業、何から始めたらいいでしょうか。

A:朝の会・健康観察など、短時間ででき、流れが決まっている活動が良いでしょう。

Google meetは、世界でも広く使われている、オンライン会議システムです。
双方向通信で、Zoomに比べて遅延が少なく、時間制限もないのが特徴です。

ただし、回線への負担は大きいです。学校のネットワークは貧弱で、教室で子どもたちと一緒にmeetをやっていると、強制的に退出させられる子が続出、というのも珍しくないでしょう。

ここでは、オンライン授業というよりは、主に短時間での健康観察・朝の会をmeetで行うことを想定しています。

1,Google Classroomのページへ

①「GoogleChrome」をタップします。

②右上のマークをタップします。
③Classroomのアイコンをタップします。

④「〇年〇組(自分のクラス)」をタップします。

⑤「〇年〇組(自分のクラス)」のすぐ下にある小さな文字(Meetへのリンク)をタップします

これで、meetの部屋に入る準備ができました。

2,meetの部屋に入る

初回、このような画面が出ると思われます。↓

①左上にメッセージがでたら..2つとも「許可」をタップします。

②マイクのアイコンをクリックし、ミュートにします。

このように、マイクに斜線が入っていればOK。

ポイント

先生1対子ども多数 ですので、マイクはオフを基本とする方が良いと思い、このように書きました。
発言するときや、指名されたときなど、マイクをオンにして発言するルールを決めておくと、良いかもしれません。

「今すぐ参加」をタップします。しばらく待つと、画面がかわります。

 

3,画面の見方と操作の仕方

部屋に入ると、このようになっているかと思います。

人数の加減で、1つあたりの窓の大きさは調整されます。自分で大きさを変えることもできます(手順4で後述)

よく使うアイコンの意味は、以下の通りです。

自分のカメラのオン・オフの切りかえ。

✋挙手。みんなに合図が送られます。(いたずらに連発しないようにしよう)

終了。ミートの部屋から出ます。

すると、自分のchromebookの画面を他の人に送ることができます。

4,先生を見つけて、画面を大きくする

①画面一覧から、先生を見つけ、タップします。
見つからない場合→③へ

「📌画面に固定」をタップします。

それでも小さいと感じたら、下のから、レイアウトを変更、

 → 

「スポットライト」にします。

③上記①で先生が見つからない場合は、右下の人型アイコンをタップし、「ユーザー」から見つけます。

見つけたらをタップし、「📌画面に固定」をタップ。

⑤「画面を固定」をやめるとき
現在の画面の「固定を解除」します。(画面をタップして、真ん中にある📌をクリック)

5,終了

終了するときは、をタップでミートの部屋から出ます。


ポイント

先生がミートを出ても、部屋が勝手に閉まるわけではありません。退出後の↑この画面で放っておかず、×で閉じるくせをつけておくと、より安全でしょう!


MM
以上、クラスルームのmeetへの参加の仕方、でした。校内での啓発に役立てたい方は、下のファイルをどうぞ。

“meetの使い方(word版)” をダウンロード 12meet.docx – 10 回のダウンロード – 1 MB

“meetの使い方(PDF版)” をダウンロード 12meet.pdf – 11 回のダウンロード – 573 KB



  • この記事を書いた人

MM-Teacher

学校勤務10年目。退職・転職も経験あり。 パソコン整備士3級・ICT支援員認定証持ち。関西在住。 気軽にTwitterフォローどうぞ!