【chromebook】手書きでもきれいな文字に!画面キーボードの優れた機能


概要

タッチペンや指で文字を手書きしても、なかなか鉛筆のように上手に書くのは難しいですね。しかしchromebookの「画面キーボード」を使えば、手書きの文字をきれいに変換してくれます。

Q:キーボードで入力が苦手な子がいます。手書きで文字をきれいに入力する方法はありますか?

A:ユーザー補助機能「画面キーボード」をONにすると良いです。

①「設定」を開く。

右下の🔋電池アイコンがあるところをタップ→⚙歯車のアイコンをタップ。

②「ユーザー補助機能の管理」を開く

左側メニューの下のほうにある「詳細設定」→ユーザー補助機能→ユーザー補助機能の管理

③「画面キーボードを有効にする」をタップ

青に変化していたらOK。

設定を閉じてください。

ここまで①~③の手順は1回きりでOKです。

④文字入力ができるカーソル… |←これが点滅しているところで、ダブルタップ。

Googleの検索画面、ドキュメント、ジャムボードのテキストボックスなど、アプリは問いません。

⑤「画面キーボード」が現れます。左端のをタップ。

これで、手書き認識機能が使えるようになりました。


MM
以上、画面キーボードによる手書き認識機能、でした。職場や学校での啓発に役立てたい方は、ファイルをどうぞ。

“手書き認識機能(word形式)” をダウンロード 04tegaki.docx – 11 回のダウンロード – 258 KB

“手書き認識機能(PDF形式)” をダウンロード 04tegaki.pdf – 11 回のダウンロード – 518 KB

 

 

 



  • この記事を書いた人

MM-Teacher

学校勤務10年目。退職・転職も経験あり。 パソコン整備士3級・ICT支援員認定証持ち。関西在住。 気軽にTwitterフォローどうぞ!